ジャカルタへの転職活動(2)

単身赴任を解消しようと思った時に、いくつかの選択肢を考えました。


1)現職の仕事をリモートでやらせてもらえないか上司に相談する

2)大学院に行く

3)資格を取る

4)駐妻として無職生活を楽しむ

5)ジャカルタで仕事を探す


1)は役員レベルで話し合ってもらったものの、結果としては前例もないし承諾しづらい、と。


2)はかなりぎりぎりまで悩み、資料を取り寄せたり、模試を受けたりしてみたのですが、経済的な理由からいったんプライオリティを下げました。


3)、4)は最終手段として取っておけるので、とりあえず、仕事を探してみようか、と。


当時、夫は夫で私たちを呼び寄せるために家族ビザの申請をしようとしていましたが、

なんせスピードが遅く、家族ビザどころか、いつまで経っても夫のビザが取れない状況で。

であれば、私がワーキングビザを取れば娘も連れて行けるなぁ、と思ったのでした。


仕事でも使っていたある採用媒体で検索ワード「インドネシア」と入力したら、

たまたまヒットした会社があり、その会社へコンタクトしたことから転職活動がスタートしました。


*ちなみに、日系企業の進出が増えすぎて、

 今はビザエージェンシーを使う方が時間がかかる、という話があるそうです。


[PR]
by jakarta_yui | 2016-04-08 02:26 | 仕事 | Comments(0)