ジャカルタ生活の準備 語学の勉強(1)

ジャカルタに引っ越すことを決めてやり始めたことの一つが、
インドネシア語の勉強です。

私がインドネシア語を勉強し始めたきっかけは、
「駐在員妻たちの生活」みたいな本を読んだことでした。
そこに書いてあった、駐妻のメンタルのページで、
「その国の言葉が分からない、意思疎通ができない、ということがとにかくストレスになる」
というものを読み、なるほど、と思ったのです。
「これじゃない」「こうしてほしいわけじゃない」
ということすら、お店の人、出入りする業者の人に言えないのは、
さぞストレスがたまりそうだ、と。

かくして、きちんとクレームをつけたい、
という性格の悪さがにじみ出た動機から、勉強を開始したのでした。

私は初級テキストを終わらせてこちらに来たのですが、
やっておいてよかった!と思っています。
夫を頼らなくても、運転手に指示が出せる、お会計でいくらと言われているのか分かる、
モールで食べ物を頼むときに、辛いものかどうか確認ができる、というのはかなり楽です。
ひとりでさっさと行動できたほうが、きっと気分転換もしやすいと思うので、
事前の語学の勉強は個人的にはとってもおすすめ。
(とはいえ、慣れない土地ですし、最初は夫が全部やってくれた方が、ほんとは楽なんですけどね~…笑



[PR]
by jakarta_yui | 2016-04-12 11:13 | 語学 | Comments(0)