娘の幼稚園選び(2)

周囲の方から、一番勧められたのが、
ジャカルタ日本人学校附属(Jakarta Japanese School 通称JJS)の幼稚園でした。

JJSは日本でいうところの「年少」がなく、「年中」と「年長」の2学年、
各3クラスずつで構成されています。
入園年の1月に願書提出(提出時に簡単な面談あり)、
提出日に抽選のくじを引き、翌日入園発表があります。
そして、2月に入園説明会です。
2016年は下の学年は願書を出した方は全員入園できたようですが、
4月には定員いっぱいになってしまい、ウェイティング、という噂を聞きました。
入園には寄付金が必要ですが、法人会員の場合は、資本金に応じた額を会社が支払うことになります。
駐在員が多い企業などは、会社が法人会員になっているため、
「学費を会社負担にするならばJJSに」と入園入学先が決められているところもあるそうです。

私がいろいろな方から聞いた話によると、
日本式の教育をジャカルタでも受けられるという安心感、
とにかく広大な園庭でのびのび遊ばせられるところ、
そして、やる気があって、礼儀正しい先生たち、
というのが人気の所以かと思いました。
デメリットは、トライアルができないところ。

1学年90人と大規模ですが、確かに他の日本語の幼稚園に比べると、
システムもしっかりしている印象を受けました。


[PR]
by jakarta_yui | 2016-04-15 22:10 | 幼稚園 | Comments(0)