娘の幼稚園選び(3) 言語重視か教育方針重視か

入園先決定の話の前に、そもそも、海外で幼稚園に通わせるにあたって、
娘には日本語で教育を受けさせるのか、それとも英語にするのか、
ということを悩みました。

私はもともと早期英語教育には反対の立場だったのですが、
いろいろな本を読んでみた結果、
今まさにいろいろな語彙や言い回しを習得している4歳の娘には、
やはり日本語で教育を受けさせるのがベストだろうと結論づけたのでした。

ところが。
いざ、ジャカルタで日本語の幼稚園を見てみると、
何かがしっくりこない…。

たとえば、それは先生の子供への関わり方だったり、
園の教育理念だったりしたのですが、私が見学したいくつかの園に通うことで、
うちの娘の個性は伸びるのかしら?
彼女の強みは活きてくるのかしら?
という不安が湧いてきてしまったのです。

そして、ここに来て改めて自問したのです。
重視するべきなのは、言語なのか?それとも教育方針なのか?と。

結果として、私はあれだけ早期英語教育反対!と思っていたのに笑、
日本人が一人もいないインターに娘を入園させました。

最終的には、園のビジョン、子供を育てていきたい方向性が、
私の気持ちと合致するところに入ることができましたが、
ただ、ここに至るまではなかなか苦しい思いもしました…。
その間の孤独感については、また次の記事で。。



[PR]
by jakarta_yui | 2016-04-17 23:05 | 幼稚園 | Comments(0)