娘の英語学校 トライアルで感じたこと

昨日の記事で書いた娘の英語学校で感じた懸念。
ネガティブな意見になるので、今後行かれる方は参考程度にとどめてください。

・電子黒板に映される歌やアニメーションは、Youtubeで観れるものが中心。
→これなら私が十分アシストできるな、と感じました。
 ただ、私がそのYoutubeを一緒に観る時間がないがゆえに通わせることを検討していたので、
 まあアウトソース費用と思えばよいのですが。。

・内容がやや平易。
→キャラクターが表示されて、「Aを探して!」と言う、先生に指名された子供が前に出て、
 アルファベット表からAを探す、というような感じで、Non Nativeとはいえやや簡単すぎな気がしました。

・8人中3人の子供が、座って話を聞けない。
立って騒ぐ、奇声を発する、勝手に部屋を出る、等。
 うちの子供よりも年齢が下なのか、と終わってから確認したところ、
 全員、3歳~4歳なので、年齢差はない、とのこと。
 騒いでいた子たちは、最近入ったばかりなので、と言っていましたが、
 この数人のために授業が中断される、先生の話が聞こえない、というのは学費を払う身としては腑に落ちず。

・教材を使った授業の進め方は問題がないものの、上記のような子供への対処の仕方は甘い。
→先生たちは、授業を乱す子供に大して、びしっと叱る、もしくは外に出して諭すようなことはしないのです。
 インドネシア自体が、「躾」や「叱る」という観念がそもそも薄い国なので、仕方ないのかもしれません。

幼稚園のアフタースクールに入れる前に、語学学校のようなところに入れたほうが、
園でも早くコミュニケーションを取れるようになるのでは、と思っていたのですが、
総合的に考えると、一度に払う費用は高くなるものの、やはり幼稚園のアフタースクールの方が安心かなぁ、
という気がしています。

ちなみに、トライアルに行った学校は、火曜、水曜、木曜の15時~17時で20万円/年でした。
インドネシア生活、本当に本当に何をするにもお金がかかります…。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
Commented by pinponpan at 2016-05-08 14:13 x
文化の衝突ですね。英会話能力を身に付けさせることだけを考えるのなら、年1200ドルくらいで英文科の学生を家庭教師に雇えるのではないでしょうか?
Commented by jakarta_yui at 2016-05-09 00:51
> pinponpanさん
コメントありがとうございます。
確かに家庭教師という選択肢もあるんですよね、私も実はちょっと考えていました。
私の仕事が終わる時間までが長いので、1時間だけでは物足りないなぁというのが悩ましいところです。。
by jakarta_yui | 2016-05-05 17:21 | 娘のこと | Comments(2)