母親が仕事をするのは、子供にとって「可哀想」なことなのか。(長め)

営業でお客様のところを訪問すると、たいてい、
「なんでインドネシアで働くことにしたんですか?」と聞かれます。

私の場合、夫が駐在でこっちに住んでいたので、と答えるのですが、
子供がいる、というと、大抵二言目には、「子供を見ないで働くなんて、子供が可哀想」
というようなことを言われます。
(訪問しているお客様の業界、お客様の年齢にもよる意見だとは思いますが。)
ちなみに、先日は、シッターをつけている、という話をしたところ、
「こっちの女中を信用するもんじゃない」とも言われました。

子供を預けて、母親が仕事をすることは、「可哀想」なことなのでしょうか?

今娘が通っているインターでは、働いているお母さんが多いようなので、
自分が働くことにも大して違和感を感じていないのですが、
個人的には、ここであれ、日本であれ、母親が働くメリットはたくさんある気がしています。

・経済的な余裕が生まれること。
・社会の中で「役割を持って生きる」ということの意味を子供に教えられること。
副次的ですが、
・各業界の動向や、インドネシア経済のことなど、夫との会話が増えること。
 夫の苦労を身をもって理解できるようになること。
というのもよかったことの一つです。

20代の頃は、自分のため、キャリアアップのため、と思いながら働いていましたが、
30を超えてから、仕事をするのは、社会のため、人のため、だと思えるようになってきました。
日々自分の手元で子供を見られないもどかしさはもちろんありますが、
いずれ、娘が生きることの意味や、自分の役割について考えるようになったときに、
私が仕事をしていたほうが、いろいろな選択肢を娘に示せるような気がしています。

また、これはこちらで働いている方がよく言うことですが、
メイドさん、シッターさんに家事をお願いできる分、
実際には日本で単身赴任をするより、海外で仕事をする方が、
子供と話をする時間はゆっくり取れるようになった気がします。

ちなみに、上記のような「可哀想」発言をされる方にも、
信念を持って仕事をしていることさえ伝われば、意外と帰り際には理解していただけるし、
応援もしてもらえたりします。
(みんな、とりあえずなんか言ってやりたいだけだったりするのですよね笑)

とはいえ、6月から、フルタイム勤務になる我が家。
帰ってからずっとお手伝いさんとふたりっきりなのは嫌と泣く娘、
幼稚園が終わってから私の帰宅までの約6時間の時間の使い方等、悩みは尽きません。。

このブログには、前向きなことも、後ろ向きなことも、
悩んでいたことの解決策も、できるだけ記録していこうと思っているので、
直近の悩み事についても、改めて書こうと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-06-02 06:44 | 仕事 | Comments(0)