ANOMARI COFFEEでお仕事 今後の働き方について

本調子でないまま、金曜、土曜と食事に行っていたので、
相変わらず1時間に1回のペースで胃痛と闘っていますが、
今日こそたまった仕事を…!と思い、家の近所のANOMARI COFFEEに。
明るすぎない店内と、テラス席から見えるグリーンに癒されます。

最近ジャカルタは雨季でもないのに雨ばっかりで、
今も爆発かと思うような雷が鳴っていますが。。

さて、仕事の話に戻ると、娘の新学期以降の働き方いついて悩んでおります。
幼稚園が終わるのは12時、私の仕事が終わるのは17時半。
ちょっと残業したりすると、私が退社できるのは18時、
帰宅ラッシュ(渋滞)に巻き込まれ、19時に帰れるかどうか、
という生活を夏休みまで続けていたのですが、
ここにきて、こんな生活をしていていいのだろうか…という悩みがふつふつと。
6月いっぱいは、断食の時差勤務によって夫の帰宅が早かったので、
夫に娘を任せられていたのですが、8月からはそれも難しくなるので、
私が早く帰宅しなければならなくなります。

決して保育のプロではないお手伝いさんに長時間任せっぱなしになること、
日本のように毎日の帰宅時間が読めないこと、
帰宅時間が遅すぎて、娘のピアノのレッスンや勉強を十分に見てあげられないこと、
にどうにもジレンマを感じています。
さらに8月から交通規制が変わるので、また帰りの時間が読めなくなるのでは、という不安が。

せっかくインターに入れて、いい教育を受けさせていても、
親がフォローできていなければ、効果は半減してしまうと思っているので、
今までは選択肢に入れていなかった時短勤務を検討しようかと思っています。

本当はできればフルタイムの勤務を継続したいのですが、
(社内でしかできない仕事もあるので、できれば残業だって自由にしたいくらいなのですが)
私がここに来たのは、家族の時間を大事にするため、だったはず。
日本のように安心して子供を預けられる保育園のような場所がなく、
日本のように時間の読める交通機関もあるわけでもない国に住んでいるので、
ある程度、働き方に融通をきかせていかないと、
長くここでの生活を続けること自体ができなくなってしまうかも、と思っています。



[PR]
by jakarta_yui | 2016-07-17 16:43 | 仕事 | Comments(0)