ジャカルタ生活がこんなに疲れるのはなぜか。

ジャカルタにいると、とにかく異常なほど疲れる、と前々から感じていました。
重力が日本の倍かかってるんじゃないかとか、
早起きしないといけないからじゃないかとか(インドネシアは会社も学校も開始時間が早いのです)
いろいろ考えていたのですが、今日ようやく原因らしい原因を突き止め(た気がし)ました。

先日、うちの会社の子がひとり退職し、私が彼女の案件を全部引き継いだのも
疲労の原因ではないかと内心思っていますが、それは置いておくとして。

疲労の原因、それは、

排気ガス。

ジャカルタの渋滞がどのくらいか、なかなか想像が難しいかとは思いますが、
お盆や年末年始の東名高速道路の帰省ラッシュが、
日常の通勤、営業時に続くと思っていただければ。

それだけ車社会のインドネシア。
当然空気は相当悪いです。
幼稚園のお友達は、夏休みは、No PeopleでNo traffic jamでClean airなところに行く、
と前々から言っていたくらいです。

引っ越し前のプレビジットでジャカルタに来ていた時から、
なぜか夜になると起きていられないほどの疲れを感じ、
仕事もできずベッドに直行、あっという間に寝落ち、
ということを繰り返していた私。
こちらに引っ越してきてからもその状態は変わらず、
周りに相談したところ、どの会社の友人も、みな一様に、
わかる!疲れるよね!と言うのでした。
帰宅してソファに座ったが最後、寝落ちしてしまう、という友人が
とても多く、なんでこんなに疲れるんだろう、と
みんなで不思議に思っていたのです。

そこで色々調べていて分かったのが、排気ガスに含まれる有害重金属。
これが疲労感を引き起こすのだそう。
WHO基準では、PM10、PM2.5の年間の基準は、それぞれ50μ/㎥、10μ/
らしいのですが、ジャカルタ市内は、2012年時点でそれぞれ51.1μ/、19.7μ/㎥です。
明らかに基準を超えている…。
そして4年経った今、オートバイ、車の増加によって、
この数字はより悪化しているような気がします。

疲労感の原因はもしかしたら排気ガスだけでなく、慣れない仕事や、
車での長時間の移動等、いろいろあるのかもしれませんが、
有害物質を外に出すためのきのこや海藻類をなかなか食べられないとか、
湯船につかれないとか、そういうことも関係あるのかなぁ…と思ったりもしています。

調べていく中で、排気ガスは子供のIQや認知発達にも大きく影響するということも知り、
今更ながらやっぱり外では遊ばせられない…と思ったのでした。
そしてしつこいようですが、やっぱりバスタブのあるおうちに引っ越したい、です。。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
Commented at 2016-07-27 11:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jakarta_yui at 2016-08-04 12:01
まるこ様、相変わらずの遅レスでごめんなさい><

排気ガス、影響している気がするんですよねぇ。
まるこ様も日本よりも疲れやすくないですか?

内覧件数すごいです~。
海外生活のご経験がある方だときちんと選べそうですよね。
私見るポイントもよくわかっておらず、お湯の張れないバスタブという無駄なものがついている部屋を選んでしまいましたよ。。
浄水器もあるんですか?
我が家、浄水器は交渉したもののつけてもらえず、洗濯物がどんどん灰色になっていきます。悲しい。

生活のあれこれはお話ししだすと止まらなくなりますね笑
Commented at 2016-08-04 20:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jakarta_yui at 2016-08-05 15:16
まるこ様
ありがとうございます!
早速メール送らせていただきますーー!!
by jakarta_yui | 2016-07-26 19:49 | ジャカルタ事情 | Comments(4)