インドネシアで一人になることの難しさ。

先日、ひとりで思いっきり泣きたいことがあったのですが、
今の私の生活、一人になれるところがない…!
ということに気付きました。

仕事が休みだったとしても、娘を送り出してから1,2時間もすればメイドさんが来てしまう、
車以外に移動手段がないので、どこに行くにも常に運転手がいる環境、
(車内で電話をすることはよくありますが、会話は分からないまでも、
喜怒哀楽はわかってしまうでしょうし、気を遣う)
スタバは常に混んでるし、逆にモールの店舗はがらがら、
明らかにお客さん<<<店員なので、見張られている感満載。

いろいろな方が、メイドさんのいる生活なんて別に全然よくない、
とおっしゃっていた意味が、今となってはよく分かります。
メイドさんも運転手さんも、毎日助けてもらっている反面、
常に誰かがいる環境には疲れてしまうこともしばしば。

ひとりになって泣きたかった私。
結局、その日は、娘のお風呂を夫に任せ、一人でシャワーを浴びながら、
こっそり泣いたのでした。(暗い笑

環境に不満を言っていても仕方ないし、
この土地でのストレス解消を(食べること以外で…!)
見つけていきたいなーと思っています。


[PR]
Commented at 2016-09-26 00:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-09-26 10:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jakarta_yui at 2016-09-26 15:40
> ルビーさん

コメントありがとうござます。

>習い事もされているようですし、
ご自分の好きなことが出来るだけ
ありがたく思わないとバチが当たりますよ。
ジャカルタで自分の時間すらとれない人だって、
沢山いるんですから。

確かにそういう見方もあるかもしれないですね。
何にストレスを感じるか、何に喜びを感じるか、
というのは本当に人によって様々かなぁと思います。
私は夫にも娘にも、のびのびと好きなことをしてほしい、
と常に思っていますし、
家族だからこそ、やりたいことを応援してあげられる
関係を築きたいなと思っています。
おっしゃる通り、お互いに感謝の気持ちや、
尊重し合う気持ちは忘れちゃいけないですね。
Commented by jakarta_yui at 2016-09-26 15:55
>吉岡さま

コメントありがとうございます。
またご覧いただけて、そして共感していただけてうれしいです。

会社の敷地内ということは、すぐ近くに(そしていつも)
同僚の方もいらっしゃる、ということですよね。。
セキュリティの数の多さは、安全な反面、
常に人の目がある、というのはやっぱり気になってしまいますよね。
こちらに来るまで私も想像していませんでしたし、
慣れるまでにはまだ時間がかかりそうな気がしています。

駐在でいらっしゃってる方は、さらにお仕事上の
プレッシャーもあるので、なお大変ですよね。
どうか適度に息抜きもなさってくださいね。
(どこに行くにしても行き先は運転手に把握されてしまいますが…苦笑)
Commented at 2016-09-27 09:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jakarta_yui at 2016-09-27 14:45
>まるこさま
いつも優しいコメントありがとうございます><
私実はお話したかったことがあって。
別途メールさせていただきますので、少々お待ちくださいませ!
by jakarta_yui | 2016-09-23 19:49 | ジャカルタ事情 | Comments(6)