2016年 04月 11日 ( 1 )

ビザについての追記。


これは引越しの手続きを始めてから知ったことなのですが、

インドネシアの引越しの通関にはいろいろとビザの条件があります。

20163月時点。これは時期によっても変わるそうなので、引っ越す際には引越し業者に確認ください。)

KITAS(滞在許可)とIMTA(雇用許可)の有効期限が荷物到着時点で有効期間1年以上

KITAS取得後、3ヶ月以内の渡航であること かつ、1便目の荷物であること。

→夫が先に引越しをして荷物を運んでいる、という場合、妻や子供の荷物(2便目)はすべて課税となります。


我が家の夫はだいぶ前からジャカルタに住んでいましたが、KITASが出たのはつい最近、

荷物は引越し業者を使って運んではいなかったので、2つ目の条件は問題なかったのですが、

彼のビザはなんと半年ビザで(あんなに待ったのに)、引越し3ヶ月未満で更新を迎える、という状態でした。

そのため、すべての荷物が課税対象に。。


インドネシアは、とにかく法律が朝令暮改です。

我が家のように、会社がインドネシアへ駐在員を送るのは初、という場合、

いろいろな情報が不足しがち。

対夫の会社にできることは限られるので、やきもきすることも多々ありましたが、

情報の正誤の判断をできるように、ジャカルタ関連のメルマガ、Facebookのいいねなどは、

登録しておくとよいのではないかと思います。



[PR]
by jakarta_yui | 2016-04-11 03:06 | 引越し | Comments(0)