先週の金曜日に、娘の幼稚園のアカデミックイヤーが最終日を迎えました。
今の幼稚園は、6月で1年が終わりになり、夏休みに入ります。
新学期は7月から。

最終日は、これまでに作った作品と、レポートを持って帰ってきました。
今の幼稚園は、何かを作るときには、テーマがあるようで、
「指を使って絵の具でお花を描いた」とか
「色紙をちぎってトイレットペーパーに貼ってお魚を作った」とか、
ちゃんと作品と形になっているものが多く、かつ、どれも完成度が高く、
こんなことができるようになっていたのね!と感動しました。

レポートは、A4用紙2枚にびっしり。
彼女の今の様子、努力したことなどが両親にフィードバックされます。
クラスでの友人との関わり方、言語的発達度合い、認知力、
はさみや色塗りといった細かい作業や、体を使った活動のレベル、
整理整頓のスキルや自立度合い等、各項目で、とにかくひたすらポジティブな評価が並びます。

今の幼稚園が米系でかつモンテッソーリだから、ということもあるのかもしれませんが、
4歳児であっても、リーダーシップスキルやセルフコントロールスキル、
意思決定や問題解決などのソーシャルスキルを身につけさせようとしていることが
ひしひしと伝わってきます。

かたや日本のニュースを見ると、未だに、マタニティマークをつけることが云々、
待機児童が云々、という話が並んでいます。
今後の日本にとって、子供たちをどう育てていくことが必要なのか、
というところまで話が落ちない日本との大きなギャップを感じた最終日でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-06-06 23:25 | 幼稚園 | Comments(0)