しばらく日本へ一時帰国しておりましたが、
先日ジャカルタへ戻ってまいりました。

ジャカルタで生活、仕事をすることについて、
いろいろと考えることがたくさんあったので、
また改めてブログも更新していければと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-11-17 19:15 | Comments(2)

気付けばジャカルタ生活も5か月目。
特に何ができるようになったわけでもないのに、5か月も経つことに気付いて驚いています。

5か月目にもなると、早い人であれば、その土地にも馴染んできて、
お気に入りのレストランもいくつか見付かっていたりする時期でしょうか。

一方、仕事に明け暮れる私はと言えば、
「駐妻 日本 帰りたい」とか検索するような日々です(暗い…!笑

でも、検索していると、同じような孤独を抱えているお仲間がたくさん!
というわけで、今日はそんな駐妻ならではの孤独感について。

寂しいなと感じる理由は、やはり、話し相手がなかなか見付からないこと。
志高くチャレンジしに来た現地採用の同僚や上司とは違い、
駐妻はあくまでも「家族の都合で」海外に住むことを決めた身。
おそらく、体の中のどこかに、「日本での生活を捨ててついてきた」
という感覚があります。
この感覚は、おそらく夫と分かち合うことはできないし、
かといって、この心の内を語り合えるような駐妻友達がたった半年程度で見つかるか、
というと、それは運のようなものだと思います。

駐妻って一言で言っても、夫の所属する会社によって、
住む場所や生活レベルも違えば、子供の教育方針だって違うんですもの。
そりゃあ最初はみんな探り探りです。

習い事の教室やアパートなど、探せば日本人奥様はいるものの、
駐在歴が長いインドネシア語ぺらぺらの方や、
すでにたくさんお友達がいる方には、どうしても遠慮してしまったり。
居場所を見付けられている(ように見える)方と自分を比較して
5か月も経つのにまだ馴染めない、と落ち込んでしまったり。

私がずっと感じているのは、「思う存分日本語で話したい」ということです。
気の合う友達と、何も考えずに日本語でわ~っと話す時間がほしいなぁ、と思ってしまっています。

でも、最近お仕事でお会いした方も、
「今週、そういえば夫以外と話したのはこの面談だけでした」とか
「家から出なきゃと思っても、一人だとなかなか行きたいところもなくて…」とか、
程度の差はあっても、何かしら、もやもやっとしたものを持っている方がほとんどだった気がします。

こんな時どうすればいいのか。
なんだかネガティブに聞こえそうですが、私は、
耐えてみる、ということも必要かなと思っていたりします。

愚痴ったところで相変わらず今日も我が家のエアコンは直らないし、
嘆いたところでキッチンのアリは根絶できないし、
苛立ったところで渋滞は解消されないし。

耐える、のではなく、耐えてみる。

もうちょっと、あと少し、と思いながら、今できることを地道に続けていくことで、
いつか出会いたい人には出会えるかもしれないし、
やりたいことが見付かるかもしれないし、
そうしているうちに、引っ越して○か月目、のいつかは、
もっと色鮮やかな日々になっているかもしれない、という希望を持って、
今は過ごしてみようと思っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-09-02 20:31 | Comments(4)

ベリーダンスネイル

ベリーダンスの衣装に合わせて塗り替えたネイル。
衣装はターコイズだったのですが、
仕事に差し障らないようにベースはブラウンで。
といっても、やっぱり派手ですが。

こちらでカルジェルを購入するにはどうしたらいいのかが
いまだに分かりません。
b0366424_14565235.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-06-09 14:56 | Comments(0)

先週金曜日の夜にジャカルタに戻ってきました。

そのまま帰宅して3時就寝6時起床で出社し、

土曜は娘のお遊戯会、日曜はクラスメイトのお誕生日会、とばたばた過ごし、

月曜朝3時に起きてPCに向かっています。


一時帰国の1週間、念願のお風呂にもたくさん入ったし、

おいしいものもたくさん食べられて幸せでした。

どれもおいしかったけど、最後に実家で母にリクエストした鯖の塩焼きと

卵かけごはんが今回のベストだった気がします。


今回日本で爆買いした荷物を見て、あー私ストレスたまってたんだなぁと思いました。

どこに行ってもやっていける自分、でいたくて、

それなりにジャカルタでも楽しくいられる方法をいつも考えていました。

なにより、日本人ひとり、という幼稚園の中で頑張っているムスメの前では明るく振る舞っていたくて。

お手伝いさんがいるなんていいね、運転手つきなんて贅沢だね、

と言われる環境ですが、実際には、乱暴な言い方が許されるなら、所詮はただの途上国暮らしです。


給与で賄えないレベルの物価の高さ、口に合わない甘い食事、

治安の悪さ、ファシリティの低さ、謎の虫との闘い、なかなか気候に順応しない体、

中途半端な英語とインドネシア語しかできないことへの焦り、

気軽にお茶をする女友達がなかなかできないことへの不安、無理解な夫の会社、エトセトラ。

日々のストレスを数え上げればきりがなく、周りの駐在員家族と比較をすれば落ち込むことばかりです。


でも、今回、日本の友人や家族と会って、話して、

あー、みんなそれぞれの場所で頑張ってるんだなと思いました。

日本は快適で、安心してそのへんを歩けるけど、でもやっぱり今私がいなきゃいけないのはジャカルタで、

だとしたら頻繁に日本に帰ってちゃだめだなと。

一時帰国してる時間だけ、ジャカルタで得られるはずの何かを逃しているような気持ちになりました。

次に帰国できるのがいつになるか分かりませんが、しばらくまたジャカルタで頑張ろうと思います。


ブログもまた再開するので、引き続きお付き合いくださいませ。



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-05-30 08:47 | Comments(0)

一時帰国中

日本に一時帰国しています。
いろいろと書きたいことはたまっているのですが、パソコンを持ち歩いていないため、
次の更新は来週末以降になります。

少しずつ読者になってくださる方が増えてきていたので、更新を止めてしまうのも気が引けていたのですが、
そう何度も帰れなそうなので、束の間の日本滞在を満喫してこようと思います。

[PR]
by jakarta_yui | 2016-05-21 17:04 | Comments(0)