カテゴリ:ジャカルタ事情( 22 )

メイドさんが結婚することになりました。

で、1か月休みが欲しい、と。
事情が事情なので了承し、ただし、代理の人をアサインしてください、
という依頼をしました。

お休みに入る3日前から引き継ぎのために新しい人を連れてきてもらう予定だったのですが、
案の定、引き継ぎ初日に彼女は一人でやってきた。

ー引き継ぎの人は?
ー息子さんがお腹を壊していて今日は来れません。
ー明日は?
ーわかりません。
ー代わりの人を探して。
ー代わりの人はもういません。
ーじゃあ週明けからのお休みはなしにして、あなたが働いて。
ー探してきます。

というやり取りをしたのですが、まあ案の定翌日も引き継ぎ相手は連れて来ず。
仕方なく急遽私が紹介してもらった人を採用したのですが、
この方がまあ何かと問題があり。。

先日私が10日間の東京出張からジャカルタに戻ってきたら、
東京に発つ前に飾ったひな祭りのお花が、それはそれは無残な姿で異臭を放っておりました…
(片付けない夫も夫だ。
そして今日も洗濯物は裏表が逆のまま、これは畳んだと言えるのかしら、
という状態でしまわれております。

メイドさんのスキル、働いてもらわない限りわからないです。
面談でいい人でも、仕事のスキルは全く別物。

これから探す方は、ぜひ過去のメイド経験(どんな国籍のご家庭で何年働いたか)をご確認くださいませ。
日本人家庭でのメイド歴が長い方はやっぱり安心なんだろうなぁと思います。
(ちなみにうちの代理メイドさんは、イギリス人家庭でのメイド経験が1年のみ。
直近はPHO 24でのウェイトレス。うん、なんとなく危ない気はしてました。)


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2017-03-17 12:17 | ジャカルタ事情 | Comments(4)

ラロンの話 続き。

先日、我が家にインドネシア人の友人たちと日本人の友人たち数人を呼んで、
たこ焼きパーティーをしました。

その時の話題。

私:ねえねえ、そういえば、ラロンが出たんだよ。家の中に。
インドネシア人友人:あ~あの羽が生えてるやつね。
私:そうそう、アパートの外にもたくさん飛んでたよ~。
友人:そうだったんだ~、あれ、おいしいんだよね。
私:おいしい!?あの虫食べられるの!!?
友人たち:うん、知らないの?おいしいよ~!海老みたいで!

…ラロン、食べれるらしいです。衝撃。

みんなしていかにあの虫がおいしいか、ということを力説してくれました。
羽はとって、揚げて食べるらしいです。
海老…確かに、わからなくはないような見た目、、でああるかもしれませんが。。

半信半疑で調べてみましたが、確かに食べることもあるらしいです。
日本で言えばいなごみたいな感じなのでしょうか。

日本人でありながら、いなごを食べられない私が、
揚げラロンに挑戦できるかというと怪しいですが、
こうやってパーティーみたいな場でプライベートでも遊んだりしないと、
分からないインドネシアの姿もあるんだなぁ、と思ったのでした。



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-10-03 16:50 | ジャカルタ事情 | Comments(0)

ラロンが出た。

ある日の夕方、娘が私のところにやってきて、
「ママ、おうちの中にホタルがいる。。」と訴えてきました。

いやいや、ホタルはいないんじゃない?どこにいたの?
と聞きリビングに行くと、
電気のまわりを飛ぶ数匹の虫が…!
(電気の光で光って見えたらしい。)

大きさ、羽の様子から、これはもしや、ラロンが発生しているのでは!!!
とすぐにぴんと来て、悲鳴をあげる私。(虫が何よりも苦手。)

先日、もうすぐ雨季になるし、雨季になるっていうことは、
害虫もたくさん発生するんだろうな、、と
「インドネシア 雨季 虫」で調べていた時に知ったラロンの存在。

小指の先ほどの大きさの虫に大きな羽のついたその虫はシロアリ。
雨季に入る少し前の夕方に灯りのまわりに大量発生するそうです。
そしてそれを捕獲する爬虫類も大量発生だとか。。
決まって夕方1時間ほどに出るらしく、この時間帯は、
間違ってもオープンテラスのレストランなんかには行ってはいけないらしいです。
彼らの羽はすぐに取れ、その後は地面で蠢くらしいのですが、
この羽が大量に落ちている画像がまた悲鳴ものでした。。

今のところ我が家で出たのは1日だけで、数も多くなかったので、
殺虫剤で駆除しましたが、これが頻繁に夕方発生したら相当気が滅入りそうです。

先日はトムキャットも出た我が家。
ジャカルタもそろそろ本格的な雨季に入るんだなーと
日本とは違う季節の移ろいを感じております。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-09-27 14:43 | ジャカルタ事情 | Comments(0)

PMS対策として日本で飲んでいたピル。
生理を調整するために一時的に飲もうと思ったのですが、
いろいろ調べても、インドネシアでは、どこでどう処方してもらったらよいのか分からない。。

とりあえず、病院に行ってみようかなと思い、ジャカルタ市内の病院へ。
これを処方してもらいたいんですが、と予め用意していったいつもの薬のHP(英語)を受付で示すも、
いまいち理解していただけていない様子。

大丈夫、こんなこともあろうかと、インドネシア語も調べてきましたよ。
「KB(かーべー) ya」
もし、インドネシアでピルの処方を希望される方がいらっしゃいましたら、
Saya mau KB で通じると思います。
「おっけー、おっけー、かーべーね!」と今度はすぐに通じ、
ちょっと待ってて~と診察室へ。

が、数分待って言われたのが、
「KBはうちでは扱ってない。でも、となりのモールの薬局にはあるから、そこで買って」

なんとなく知ってはいましたが、ほんとに病院では処方していないのですね。
言われたとおり、モールのどこにでも入っている薬局に行き、
これください、とピル原本のシートを見せたところ、
おっけー、おっけー、と棚から出してきてもらえました。
製薬会社も成分もまったく一緒のものを。
まるで頭痛薬を買うかのような気軽さでピルを入手できてしまいました。
日本では病院を予約しないともらえなかったのに!
しかも1回で3シートしか処方してもらえなかったのに!

ちなみにお値段は1シートRp.250000(2500円弱)。
日本とほぼ同じでしたが、通院不要で制限なく買えるというのは、
つまりそれだけ、女性が主体的に避妊をしやすくなる、ということでもあるんですよね。
日頃は日本の良さばかりに目が向いてしまいがちですが、
ピルに関しては、日本が後進国だと言われている所以を感じました。




[PR]
by jakarta_yui | 2016-09-25 06:25 | ジャカルタ事情 | Comments(2)

先日、ひとりで思いっきり泣きたいことがあったのですが、
今の私の生活、一人になれるところがない…!
ということに気付きました。

仕事が休みだったとしても、娘を送り出してから1,2時間もすればメイドさんが来てしまう、
車以外に移動手段がないので、どこに行くにも常に運転手がいる環境、
(車内で電話をすることはよくありますが、会話は分からないまでも、
喜怒哀楽はわかってしまうでしょうし、気を遣う)
スタバは常に混んでるし、逆にモールの店舗はがらがら、
明らかにお客さん<<<店員なので、見張られている感満載。

いろいろな方が、メイドさんのいる生活なんて別に全然よくない、
とおっしゃっていた意味が、今となってはよく分かります。
メイドさんも運転手さんも、毎日助けてもらっている反面、
常に誰かがいる環境には疲れてしまうこともしばしば。

ひとりになって泣きたかった私。
結局、その日は、娘のお風呂を夫に任せ、一人でシャワーを浴びながら、
こっそり泣いたのでした。(暗い笑

環境に不満を言っていても仕方ないし、
この土地でのストレス解消を(食べること以外で…!)
見つけていきたいなーと思っています。


[PR]
by jakarta_yui | 2016-09-23 19:49 | ジャカルタ事情 | Comments(6)

通園通学のバスがある場合はまだよいのですが、
我が家のように、通園バスがないところに子供が通う場合、
通勤(父、母)と子供の送り迎えと、それぞれ車が必要になります。

現在、我が家は、
夫:
ひとりで通勤
私:
家族車で娘を園に送り、そのまま通勤
車は一度アパートに戻し、お手伝いさんを乗せて娘をお迎え
会社に戻ってきてもらい待機

としていました。

と、ここまではシンプルだったんですが、今月は、私が週に2回午前勤務、
娘は週に1回アフタースクールが入るため、
家族車1台ではやりくりしづらい状況に。。
考えた末、日によって、夫の車を借りて、娘のお迎えをお願いすることになったのですが、
私も仕事の都合によって午後休の日が変わってしまうし、
夫の仕事の予定も確認しないといけないし、
都度、お手伝いさんや運転手さんに連絡を入れる必要が出てきてしまいました。

大したことないと言えば大したことではないのですが…
いついつは何時にどこ、そのあとはどこで待機、ということを
運転手さんたちに伝えないといけないのは、
電車でささっと行動できてしまう日本での暮らしに比べると、
やっぱりめんどくささがともないます。
(そして夫婦で運転手への連絡を押し付けあうことにも…笑) 

家族車がなかったり、会社の人と共有、ということもありますが、
これからインドネシアでお仕事をされる方には、
まずは何より車の確保!!をおすすめします。



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-09-08 06:39 | ジャカルタ事情 | Comments(0)

運転手を教育する。

運転手さんにしても、メイドさんにしても、
最初から完璧に気が合う人はいない、だからこそ、
教育することが必要だ、と言われています。

が、いまだに私は運転手の教育は下手くそ。

もっとこうしてくれたらいいんだけどな、ということや、
会社の駐車場の毎月の支払、ガソリンの支払いルールなど、
なんとなくうまく決められないまま、日が経ってしまっています。

先日、他の国に駐在している友人と話していたのですが、
その友人の運転手(前任者から引き継いだ運転手さんらしい)は、
「何もかもが完璧だった」らしいです。
まず、道に迷ったり、遅れたりすることがなかった、と。

聞いたところによると、前任者が徹底的に教育していたんだとか。
その友人の駐在先も、ジャカルタほどではないものの、渋滞は多い地域。
そこで、その前任者の方は、具体的に何をしたのかというと、

目的地を伝える。
そこに行くまでのルートを最低5つ運転手に答えてもらう。
それぞれのルートの道路状況を答えてもらう。
そのうえで、最適なルートが何か答えてもらう。

これを車に乗る度にやったらしい。毎回。
その結果、運転手は、道路の混雑状況に敏感になり、目的地までの時間を逆算し、
最もストレスなく、早くたどり着ける道を、自然と選ぶようになったらしい、です。

そんな運転手を引き継げた友人がうらやましい!
というのはさておき、教育する、っていうのは、ここまでやって
初めて効果をうむものなんだな、、と自分のなあなあさを反省したのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-09-05 17:23 | ジャカルタ事情 | Comments(0)

ジャカルタにいると、とにかく異常なほど疲れる、と前々から感じていました。
重力が日本の倍かかってるんじゃないかとか、
早起きしないといけないからじゃないかとか(インドネシアは会社も学校も開始時間が早いのです)
いろいろ考えていたのですが、今日ようやく原因らしい原因を突き止め(た気がし)ました。

先日、うちの会社の子がひとり退職し、私が彼女の案件を全部引き継いだのも
疲労の原因ではないかと内心思っていますが、それは置いておくとして。

疲労の原因、それは、

排気ガス。

ジャカルタの渋滞がどのくらいか、なかなか想像が難しいかとは思いますが、
お盆や年末年始の東名高速道路の帰省ラッシュが、
日常の通勤、営業時に続くと思っていただければ。

それだけ車社会のインドネシア。
当然空気は相当悪いです。
幼稚園のお友達は、夏休みは、No PeopleでNo traffic jamでClean airなところに行く、
と前々から言っていたくらいです。

引っ越し前のプレビジットでジャカルタに来ていた時から、
なぜか夜になると起きていられないほどの疲れを感じ、
仕事もできずベッドに直行、あっという間に寝落ち、
ということを繰り返していた私。
こちらに引っ越してきてからもその状態は変わらず、
周りに相談したところ、どの会社の友人も、みな一様に、
わかる!疲れるよね!と言うのでした。
帰宅してソファに座ったが最後、寝落ちしてしまう、という友人が
とても多く、なんでこんなに疲れるんだろう、と
みんなで不思議に思っていたのです。

そこで色々調べていて分かったのが、排気ガスに含まれる有害重金属。
これが疲労感を引き起こすのだそう。
WHO基準では、PM10、PM2.5の年間の基準は、それぞれ50μ/㎥、10μ/
らしいのですが、ジャカルタ市内は、2012年時点でそれぞれ51.1μ/、19.7μ/㎥です。
明らかに基準を超えている…。
そして4年経った今、オートバイ、車の増加によって、
この数字はより悪化しているような気がします。

疲労感の原因はもしかしたら排気ガスだけでなく、慣れない仕事や、
車での長時間の移動等、いろいろあるのかもしれませんが、
有害物質を外に出すためのきのこや海藻類をなかなか食べられないとか、
湯船につかれないとか、そういうことも関係あるのかなぁ…と思ったりもしています。

調べていく中で、排気ガスは子供のIQや認知発達にも大きく影響するということも知り、
今更ながらやっぱり外では遊ばせられない…と思ったのでした。
そしてしつこいようですが、やっぱりバスタブのあるおうちに引っ越したい、です。。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-07-26 19:49 | ジャカルタ事情 | Comments(4)

またあたってしまって、という話を、こちらの知人にしていたら、
「それ先週の何曜日?」と聞かれまして。
私があたったのは木曜日でしたが、「月、火、水くらいまではうちの社員もあたってた」と。
話を聞いてみたところ、大型連休のレバラン明け3日間くらいは、
連休前に売れ残ったものを売るお店が多いので、
傷んだ食べ物でみんなあたりやすいのだとか。(ほんとに!?

にわかに信じがたい話ですが、「連休明けの飲食店、スーパーには要注意」
というのは、こちらに長く住んでいる方にとっては常識なのだとか。

いまだに私は半信半疑ですが、
「雨季になるとさらにあたりやすくなる」ということなので、
クリスマス休暇明け、春節明けなどはかなり危険…ということになるのでしょうか。
おそろしや。。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-07-18 09:50 | ジャカルタ事情 | Comments(0)

食中毒再び。

インドネシア食中毒選手権があったら、確実に上位入賞できそうな頻度で
食べ物にあたっております。
4月にこちらに来てもうすでに3回目。
月1じゃないか。。

今回は、おそらく会社のローカルの子がくれた揚げ菓子。
こちらでは屋台などで袋に入ったよくわからないお菓子が売られています。
ポテトチップ的なものだったり、テンペ?を揚げたようなものだったり。
が、噂には聞いていましたが、そういう屋台のお菓子を揚げている油は、
レストランなどで捨てられた油らしく。。

お昼過ぎに現れた胃の痛み。若干の倦怠感。
あ、これはまたやってしまったな、と。
帰宅ラッシュ時に、上からも下からも状態になるよりは、
今のうちに帰宅するべきでは、と思いつつ、仕事も残っていたし、
何よりじょじょに血の気が引いていき、椅子から立つことが難しい状態に。。
結果、普通に定時すぎまで仕事をしてから退社したのですが、
まあ、家についてからが悲惨で。。

胃の痛みだけっていうこともあるんだなぁと車では思っていたのですが、
その後猛烈な痛みに加えて、吐くわ下すわ。。
しかも夫、娘はまだ日本に帰国しているため、ひとりで一晩のたうちまわることに。
水一口も受け入れられず、案の定脱水になり、手足がしびれ、冷や汗だらだら。
あたりやすいとはいえ、過去、ここまでひどかったのは初めてでした。
ほんとに死ぬかと思った。。

一晩寝て、なんとか起き上がれる程度に復活したので、
無理やりシャワーを浴びて、お化粧して、お客様先に行ってきました。
が、たまたまこの日のアポが車で2時間かかる工業地帯で。。
車内での大惨事を避けるため、完全絶食で臨んだのは言うまでもありません。

これだけあたっておきながら、未だに有効な対策を取れていないのが情けないのですが、
やはり屋台的なものは避ける、しかないのかなぁ、、という気がしております。
あと、睡眠不足や疲れているときには比較的あたりやすい気がします。
ただでさえ暑さで体力を消耗するインドネシア。
意識的に疲労をためこまないようにしないといけないなぁと反省したのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-07-16 07:03 | ジャカルタ事情 | Comments(2)