少し前のことになりますが、週末、ベリーダンスの発表会に参加してきました。
先日は娘のお遊戯会でしたが、今回は、私の発表会。

こちらに来て、やってみたかったことのひとつがベリーダンス。
4月にトライアルに参加して、5月から週に1回初心者クラスに通っていました。

正直なところ、まだまだ発表会に出れるレベルではなかったのですが、
たまたま入会した直後に発表会が予定されていたために、
私も参加させてもらうことに。。

ダンスを覚えるだけでも大変でしたが、
衣装を購入する、当日のチケット代を振り込む、
メイクを頼む、当日の集まる場所や時間を確認する、など、
やらなければならないことが多く、
かなり、本当にかなり!参加のハードルが高かったです。
ちなみに、当日は、行ってみたら、アクセサリーを持っていなかった!
ということが判明…。
ここでも、どうすればいいかを周りに聞く、というハードルが。。

私の通っている教室は、平日日中のクラスもあるらしく、
仲の良さそうな日本人のグループを見つけた時には、一抹のさみしさも。。
私は初めから仕事後に通う前提で、平日夜のクラスを取っていたので、
分からないこと、解決しなければいけないことは、
基本的に英語で先生やクラスの子に確認をしないといけません。

なんでこんなこと始めちゃったんだろう、、
と何度か思ったりもしましたが、でも、結果的には、発表会はとっても楽しかったです。
何より、思い切ってクラスのインドネシア人の子たちに話しかけたり、
一緒に写真を撮ったりしたことで、少しだけ、友達が増えたような気がします。
(結局メイクもインドネシア人に頼み、アクセサリーもその場にいたインドネシア人から買いました。)

やっぱり今でも日本人のお友達はほしいなぁと思っていますが、
今の自分の生活の中で、今できる努力をして、少しずつですが、
自分のコミュニティを作れていることに満足できた日曜日でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-06-08 06:37 | 習い事 | Comments(0)

娘のお遊戯会

一時帰国から戻ってきた翌日は、娘の幼稚園のお遊戯会でした。
Year End Performanceという名前のこのイベントは、
1年の締めくくり、集大成のような位置づけです。

驚いたのが、演目数の多さ。
インドネシア国家、園歌、全体合唱、各クラスごとの発表、
上下のクラスと混合の発表、そしてまた全体の発表、
さらに、アフタースクールの子たちはダンスの発表もあり…
これだけのことを覚えた子供たちもすごいし、
覚えさせた先生たちの力量も相当だな、と。

娘は、すでにこのお遊戯会の練習が始まっている時期に入園したので、
戸惑うことも多かっただろうし、英語が全くわからない中で、
説明を受け、指示をされ、見よう見まねで振り付けと歌を覚えたんだな、
と思うと、感動せずにはいられませんでした。

お遊戯会後は、持ち寄りのスナックタイム。
我が家は、お重にミニおにぎりと、スイートポテトを詰めて行ったのですが、
どちらも好評であっという間に空になりました。
このスナックタイムで、クラスのパパママともご挨拶ができたし、
Playdate(おうちで子供同士を遊ばせる)の約束もできたので、
親子共々、全く勝手の分からないイベントでしたが、いい経験になったなぁと思います。

今年度は今週で終わり。
来週からはSummer Schoolが始まります。
園の時間はこれまで通りですが、日々のプログラムが変わるようなので楽しみです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by jakarta_yui | 2016-06-01 00:33 | 幼稚園 | Comments(0)

b0366424_01165356.jpg

日曜日は、会社のFamily Gathering Dayだったため、娘を連れて遊園地へ。
前々から楽しみにしていたアンチョールの遊園地は、
随所にディズニーランドっぽさが垣間見られるところで…というのはさておき、
とにかく暑い!!
(さらに服の上から社名入りTシャツを着込むという。
こちらではお揃いのTシャツを着るのは当たり前なので、
そこは日本人的感覚で抵抗する必要はありません。)

日陰なしの炎天下で待ち時間不明のまま並ぶ、というのはなかなか厳しいものがありました。。
日本人はやっぱりインドネシアの人並の暑さへの耐性はない気がするので、
休日の混んでいる時に行かれる方は、くれぐれもお気をつけくださいませ。。

ただ、並んでいる間にローカルスタッフといろいろ話ができたのはよかったです。
宗教の話をどこまで聞いていいのか、断食の意味、イスラムの決まりをどこまで守るのかetc
今の会社、仕事をどう思っているかも聞けたし、
YOSHINOYAで、この赤い物体(紅しょうが)を入れるなんて日本人はどうかしてる、
という話が聞けたのも面白かったです。
(私からすると、牛丼にチリソースやらサンバルやらをびやーーっと掛ける方が信じられませんが…笑)

はっきり言って、現地のメンバーとのコミュニケーションは緊張します。
何をどこまで話していいのかよく分からないし、
気弱な私は、うっかり失礼なことや変なことを言って、
気を悪くさせてしまったらどうしようとわりといつも心配しながら話しています。

ただ、このハードルばかりは、超えないことにはずっとこのままだと思うので、
(気後れはするけど)しばらくは意識して乗り越える努力をしていきたいなと思っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

[PR]
by jakarta_yui | 2016-05-16 22:15 | 仕事 | Comments(0)

昨日は多少体調が回復したので、ジャカルタの工芸展イナクラフトに行ってきました。
戦利品は、Read Moreよりどうぞ。
パーソナリティが分かりづらい、と言われたので、たまにプライベートのことも下の方に
書こうかなと思っています。

--

海外で働く母に必須なメイドさん兼シッターさん。
私が下記の方法で探し、決めました。

・手当り次第にジャカルタにいる方を紹介してもらい、いいメイドさんがいないか聞く。
→友人の友人、夫のクライアントの奥様、など4名ほどにコンタクト。
住む場所、幼稚園が決まっていなかったため、初期はなかなかいい紹介には繋がらず。

・エージェンシー利用を検討する。
→内定先のボスが教えてくれたサイトで探す、というのも一案でした。
手数料が取られる、というところで後回しに。

結局、契約したアパートメントにいらっしゃる夫のクライアント奥様から、
引越し前にご紹介いただいたメイドさんがとても良さそうだったため、
その方に決める前提で日本にいる間に話を進めました。
我が家のように、夫の会社に駐在員がいない(いても独身者)というような場合は、
自力で色々な方に連絡をし、あたってみる、という方法が、
確実なような気がします。(評判や給与等についても聞けるので)

我が家は、まず夫にジャカルタで一度連絡先を交換してもらい、
日本から私がLINEで連絡、こちらに来てすぐインタビュー、
翌日にはオファーの連絡をしました。
スキル、パーソナリティーが良さそう、英語可、という好条件かつ、
信頼できる方のお墨付きだったので、私は一人目で決めてしまいました。

具体的にお願いすることになったお仕事等は、また別記事で書こうと思います。

人目に触れないことには、情報も届かないだろうと思ったので、
若干いやらしい気もしますが、ランキングに登録してみました。
こちらのバナーをクリックしていただくと、他の方のブログも見ることができます。

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村




Read More
[PR]
by jakarta_yui | 2016-04-25 15:43 | メイドさん | Comments(0)